頭皮に塗らなくていい!簡単に実践できる飲む育毛剤とは?

 

忙しい人が毎日時間を作って育毛剤を塗るのも大変ですよね。

できることなら、もっと簡単に薄毛対策がしたいと思うでしょう。

そんな人におすすめしたいのが「飲む育毛剤」です。

塗るよりも飲む方が実は効果も高いのです。

ここでは、飲む育毛剤についてお話しします。

飲む育毛剤って?

育毛剤は塗るものだと思ってる人は「飲む育毛剤」と聞いてもピンとこないでしょう。

もしくは、「飲んでも大丈夫なのかな?」と不安になる人もいると思います。

確かに、飲むとなると副作用が気になってきますが、それは種類によって違います。

「飲む育毛剤」には種類があります。

ここで2つの種類をご紹介します。

・錠剤

錠剤タイプには「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2つがあります。

どちらも分類は医薬品になりますが「ミノキシジル」は日本では薬として認可されていません。

しかし、「フィナステリド」は医師の処方があれば服用できます。

どちらも効果が高い分、副作用も強いです。

「ミノキシジル」はもともと血管を拡張するための薬だったので、副作用としては高血圧、動機、息切れ、下痢、腹痛、髪以外の多毛症、ほてり、めまいなどがあります。

「フィナステリド」は男性ホルモンに働きかける作用があるため、性欲減退や勃起不全、頭痛や消化不良などの副作用が出る場合があります。

・サプリメント

飲む育毛剤にはサプリメントも含まれます。

サプリメントは薬ではなく、補助食品になりますのでリスクは低いです。

ただ、リスクが低い分、効果も低いです。

サプリメントだけで育毛効果を得るのは難しいので、塗る育毛剤と併用している人がほとんどです。
このように、飲む育毛剤には薬系とサプリ系があります。

どちらを選ぶかは、薄毛の症状にもよります。

できれば、飲む育毛剤に統一したいとは思いますが、副作用を考えると難しいのかもしれません。

飲む育毛剤のデメリットとは?

副作用があるほかに、飲む育毛剤にはいくつかのデメリットがあります。

ここでは、飲む育毛剤のデメリットをご紹介します。

・錠剤は保険適用外

錠剤は医薬品にはなりますが、保険適用外になるので全額自己負担になります。

海外のものを購入したとしても、1ヶ月で10000円から30000円くらいはしますので、かなりの出費になります。

また、海外のものは必ずしも安全だとは言えないので副作用が起こる可能性が高いです。

・効果が現れるのが遅い

飲む育毛剤は、効果が現れるのが非常に遅く、半年以上は様子を見なければいけません。

サプリメントならまだいいですが、半年以上も高価な錠剤を飲んでいたら経済的にも大変ですね。

効果もはっきりわからないのに、高いお金を払い続けるのはかなりのストレスになってしまいます。

また、その間に副作用に悩まされる可能性も高いです。

そうなると、ほとんどの人が半年も続けるのが難しいということになります。

サプリメントなら、副作用の心配がないのと、そこまで価格も高くないのでまだいいですが…その分、効果も低いので、効果が現れるまでもっと待たなければいけないことになります。

確かに、塗る育毛剤は手間がかかって大変だとは思いますが、何時間もかかるものではありませんね。

口の中に入れるとなると、それだけ副作用も強くなるので、安全性を考えたならサプリメントと育毛剤の組み合わせがオススメです。

サプリメントは補助食品ですから、副作用も少なく安心して飲めます。

1日くらい育毛剤を塗るのを忘れてしまっても、サプリメントがあれば大丈夫なので、そういう意味でも忙しい人にいいかもしれません。

塗る育毛剤もコツをつかめばサッと塗れます。

まずは、どんな時でも早く塗れるようにコツをつかみましょう!

関連キーワード
おすすめ育毛剤の関連記事
  • ホルモン不足の抜け毛予防に!女性用育毛剤がおすすめな理由
  • 遺伝性のハゲは治らない?最新の育毛剤の効果について
  • 必見!育毛サイクルを知って効果的な育毛剤選びを
  • 頭皮に塗らなくていい!簡単に実践できる飲む育毛剤とは?
  • 確実な薄毛対策のために!効果がある育毛剤を選ぶポイントとは?
  • 育毛剤と育毛サプリの併用で効果が上がる理由とは?
おすすめの記事