遺伝性のハゲは治らない?最新の育毛剤の効果について

特に、男性の薄毛は遺伝すると言われてきましたね。

確かに、薄毛の遺伝はあると思います。

けれども、遺伝だからといって諦める必要はありません。

最新の育毛剤なら、遺伝性の薄毛でも改善できるかもしれませんよ!

ここでは、遺伝性の薄毛について詳しくお話しします。

薄毛が遺伝するってほんと?

薄毛は遺伝するというのは有名な話ですよね。

主に、遺伝性の薄毛は「男性型脱毛症」を指します。

そのせいか、女性の遺伝性の薄毛はあまり聞いたことがありませんよね。

「男性型脱毛症」は、男性ホルモンのテストロテロンに酵素の5αリダクターゼが結合することでジヒドロテストステロンというDHTが生み出されて、DHTが毛母細胞を攻撃することで起こる脱毛症です。

これは、男性特有の脱毛症で、原因は遺伝ばかりではなく、このメカニズムにストレスや加齢、生活習慣の乱れなどが結びついて起こることもあります。

遺伝の場合は、薄毛そのものが遺伝するというよりも、男性型脱毛症になりやすい体質が遺伝するといった方が正確です。

ですから、たとえ遺伝でも、対策すれば予防することはできるのです。

遺伝の薄毛に育毛剤は効果ない?

遺伝だからといって、どの育毛剤も効果がないわけではありません。

遺伝性で多い男性型脱毛症の育毛剤もたくさん販売されています。

たとえ遺伝であっても、薄毛になってしまうメカニズムは同じなので、そのメカニズムを阻止する成分が入った育毛剤なら、ちゃんと対策ができます。

男性型脱毛症に効果がある成分でよく知られているのが「ミノキシジル」や「フィナステリド」、「キャピキシル」です。

「ミノキシジル」や「フィナステリド」は副作用があるので、不安な人も多いと思います。

けれども最近知られてきている「キャピキシル」は、副作用が少ないのに効果が高くてすごく好評です。

遺伝性でも諦めずに、育毛剤で薄毛対策を始めませんか?

キャピキシル配合育毛剤で安全な薄毛対策を

遺伝性の薄毛でも、男性型脱毛症に特化した効果がある成分が含まれた育毛剤なら予防・改善もしっかりできますよ!

中でもオススメしたいのが「キャピキシル」という成分です。

「アカツメクサ花エキス」と成長因子の「アセチルテラペプチド-3」が主成分の「キャピキシル」は、天然の成分なので安心です。

天然成分なのにミノキシジルの3倍もの育毛効果があるのでかなり注目です。

この2つの成分は、育毛だけではなく抜け毛を防止する作用もしてくれるのです。

まず「アセチルテラペプチド-3」は、DHTによって壊されてしまった毛母細胞を修復する作用を持っています。

実は医療の分野でも使われている成分で、やけどなどで傷んだ皮膚細胞を修復する力まであります。

つまり、これが育毛効果ですね。

そして「アカツメクサ花エキス」には、5αリダクターゼの分泌を抑える作用があります。

5αリダクターゼとは、男性型脱毛症の原因となる酵素で、男性ホルモンのテストロテロンと結合することで、毛母細胞を破壊するDHTを作ります。

「アカツメクサ花エキス」に含まれる「ビオカニンA」という成分が5αリダクターゼに作用するのです。

つまり、これが抜け毛防止効果になるのです。

このように「キャピキシル」には、育毛効果的と抜け毛防止効果があり、作用は「ミノキシジル」や「フィナステリド」とは違います。

「ミノキシジル」は血管拡張効果により、血行を促進して育毛を促すだけです。

一方「フィナステリド」は、5αリダクターゼとテストロテロンの結合を阻止する作用があります。

つまりこれは、抜け毛対策になります。

育毛効果も抜け毛効果もありながら副作用も少ない「キャピキシル」は、遺伝性の薄毛にもしっかり作用して改善へと向けてくれるはずです。

遺伝だからといって諦めるのはもったいないですよ!

効果的な育毛剤でしっかり対策をしていきましょう。

関連キーワード
おすすめ育毛剤の関連記事
  • ホルモン不足の抜け毛予防に!女性用育毛剤がおすすめな理由
  • 遺伝性のハゲは治らない?最新の育毛剤の効果について
  • 必見!育毛サイクルを知って効果的な育毛剤選びを
  • 頭皮に塗らなくていい!簡単に実践できる飲む育毛剤とは?
  • 確実な薄毛対策のために!効果がある育毛剤を選ぶポイントとは?
  • 育毛剤と育毛サプリの併用で効果が上がる理由とは?
おすすめの記事