ミノキシジルと違う?キャピキシル配合の育毛剤の効果はすごい!

最近、育毛業界で注目を集めている「キャピキシル」は、驚くほど育毛効果があります。

それなのに副作用は全くないのです!

ミノキシジルやフィナステリドを試してダメだった人にとっては「希望の光」とも言えるのではないでしょうか?

ここでは、キャピキシルの効果をミノキシジルやフィナステリドと比較しながらお伝えします。

キャピキシルの効果は安全なのに驚異的!

今まで育毛に効果がある成分として知られていたのは「ミノキシジル」でした。

その「ミノキシジル」の3倍もの効果を持つと言われている「キャピキシル」ですから、育毛効果がないわけがないのです。

キャピキシルは、成長因子のアセチルテトラペプチド-3と天然ハーブのアカツメクサ花エキスをミックスして開発した育毛成分です。

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した成分で、日本でもキャピキシル配合の育毛剤が続々とリリースされています。

天然ハーブのアカツメクサ花には、ビオカニンAという成分が含まれています。

ビオカニンAは、男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼの働きを阻害することでDHTの生成を抑制して抜け毛を防ぎます。

さらには、成長因子のアセチルテトラペプチド-3には、4種類ものアミノ酸が含まれており、それが毛包の細胞間物質の修復に作用して育毛を促進します。

このようにキャピキシルは、抜け毛防止と育毛促進効果を持つ驚異的な育毛成分なのです。

ミノキシジルとキャピキシルの効果の違い

ミノキシジルとキャピキシルでは、効果や副作用にどんな違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

・効果の違い

ミノキシジルの3倍の育毛効果を持つと言われるキャピキシルの効果は本当なのか?

すごく気になりますよね?

ルーカスマイヤーコスメティクス社で行なわれた培養細胞にミノキシジルとキャピキシルをそれぞれ添加する実験では、ミノキシジルが50%ほど、キャピキシルが150%も育毛や発毛のために活性化したことがわかりました。

この数字を見れば「効果が3倍」なのは一目瞭然ですね。

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤の成分として開発された成分でした。

育毛の分野では、血管を拡張させることで血行を促進して育毛しやすい頭皮環境を作り育毛を促進します。

毛根付近の血管拡張で血行を良くすれば、育毛に必要な成分が届きやすくなりますし、毛母細胞の働きを活発になりますね。

しかし、ミノキシジルからは育毛効果しか得られません。

キャピキシルの場合は、育毛効果に加えて、抜け毛防止効果もあるのです。

男性型脱毛症にとって、育毛よりもメカニズムに対応した抜け毛防止作用が最も重要になります。

・ミノキシジルの副作用

キャピキシルの原料は全て天然なので、副作用はありません。

稀に、天然ハーブのアカツメクサ花でアレルギーを起こす程度です。

ですが、ミノキシジルには、めまい・動悸・頭痛など多くの副作用があることが知られています。

「低血圧」「頭痛」「不眠」「消化不良」「下痢や便秘」「動悸や息切れ」「不整脈」などです。

たとえ、ミノキシジルで育毛効果が得られたとしても、副作用が起こったら、育毛剤を使い続けるのは困難ですね。

このようにミノキシジルとキャピキシルの育毛効果や副作用を比べてみても、キャピキシルが優秀なことをお分かりいただけると思います。

フィナステリドとキャピキシルの効果の違い

フィナステリドもミノキシジルに続いて有名な育毛成分です。

ここでは、フィナステリドとキャピキシルの比較をしてみたいと思います。

・効果の違い

フィナステリドはもともと育毛成分ではなく、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬の成分として使われていました。

しかし、投与した患者に毛が濃くなるという現象が起こったため、育毛成分としても使われるようになったのです。

育毛成分として注目されてからは、研究の結果、男性型脱毛症に効果があることがわかりました。

男性型脱毛症の原因である男性ホルモンのテストロテロンと5αリダクターゼの結合を防止することでDHTの生成を抑えるのがフィナステリドです。

一方、キャピキシルも男性型脱毛症に有効な育毛成分です。

5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTの生成を阻止するのです。

どちらも素晴らしい効果がありますが、フィナステリドには抜け毛防止効果はあっても、育毛効果がありません。

キャピキシルには、抜け毛防止と育毛効果があります。

・副作用の違い

副作用にもかなりの違いがあります。

男性ホルモンのテストロテロンに影響するフィナステリドなので、やはり「性欲減退」や「勃起不全」「精子減少」などの深刻な副作用に悩まされることもあります。

「性欲減退」は100人に2人、「勃起不全」は100人に1.5人の確率とのことですが「もし、自分に起こったら…。」と不安になりますね。

他には、うつ病などの副作用も見られるので、確率は低いとしても心配です。

いかがでしたか?

ミノキシジルやフィナステリドと比べてみてもわかるように、キャピキシルには優れた育毛効果と高い安全性があるのです。

関連キーワード
おすすめ育毛剤の関連記事
  • ホルモン不足の抜け毛予防に!女性用育毛剤がおすすめな理由
  • 遺伝性のハゲは治らない?最新の育毛剤の効果について
  • 必見!育毛サイクルを知って効果的な育毛剤選びを
  • 頭皮に塗らなくていい!簡単に実践できる飲む育毛剤とは?
  • 確実な薄毛対策のために!効果がある育毛剤を選ぶポイントとは?
  • 育毛剤と育毛サプリの併用で効果が上がる理由とは?
おすすめの記事