ミノキシジルは育毛の最終手段?効果と副作用を理解して!

 

育毛成分にもさまざまなものがありますが、その中でも最も有名なのがミノキシジルです。

しかしながら、この成分は体質や使用法によって、重篤な副作用をもたらす危険がある成分でもあります。

育毛成分のメリット・デメリットを正しく理解し、自分に合った育毛剤を使用していきましょう。

ミノキシジルとは「血行に良い」成分である

そもそも、ミノキシジルとは「体内の血行が良くなる成分」のことです(資料によっては毛母細胞を活性化させるとありますが、正確なことはわかっていません)。

元来、ミノキシジルとは血圧降下剤という、高血圧の治療のための薬品に使われていた成分であり、ミノキシジルを摂取すると、一時的にではあれど、血行が良くなり、その結果として、毛根の活動も活発になり、それが育毛につながります。

なので、まず理解しておきたいのは、「ミノキシジルを摂取したから育毛が促進された」のではなく、「ミノキシジルを摂取した」ことが「血行の改善につながり」それによって、「育毛が促進された」ということです。

ミノキシジルを含む薬にも、直接頭皮に塗るタイプ(外用薬)とタブレットタイプ(内服薬)がありますが、そのいずれを使用する場合でも、この点を誤解してミノキシジルを使用してしまうと、人によっては予期せぬ副作用が起きてしまいます。

具体的には

・頭皮のかぶれ、発疹(ミノキシジルを塗るタイプの薬を使用した場合)
・めまい、動悸、胸痛(血管が急激に拡張したため)
・多毛症(頭髪だけでなく、他の部位の体毛まで発毛してしまう)などがあります。

これらは、いずれも、「血行改善」というミノキシジル本来の効用を使用者が把握していなければ、誰にでも起こり得ることなのです。

また、それ以外にも、ニキビや手足のむくみ、性欲減退と言った副作用が発症する場合もあるようです。

これらの症状には個人差があり、ミノキシジル摂取との関連性も不明瞭ですが、いずれもミノキシジル摂取者からの報告によるものです。

このように、ミノキシジルは育毛促進につながる素晴らしい効果があることもまた事実なのですが、一方で、その効用を見誤れば、このような副作用が使用者の身体に起きるというリスクも秘めているのです。

ミノキシジルだけじゃない!発毛のための新成分

また、ミノキシジルを服用、塗布したからと言って、必ずしも効果が出るとは限らない、ということもまた事実です。

せっかくミノキシジルを配合した薬を使用しても、副作用が出るだけで頭髪はそのまま、なんてことになるかもしれません。

では、育毛剤で期待できるのは、ミノキシジルを使っているものだけなのでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。現在、ミノキシジル以外にも、ある程度育毛効果が期待でき、副作用の発症率を低く抑えることができる成分が、いくつか発見、実用化されています。

具体例をいくつか紹介しましょう。

①キャピキシル

もともとは化粧品やまつ毛の育毛剤の原料として使われていた成分で、一部では「ミノキシジルの3倍の効果がある」とまで言われている成分です。

さすがにそれは言い過ぎかもしれませんが、育毛に関して一定の効果が期待できるのは確かなようです。

また、ミノキシジルと大きく異なるのが、副作用の心配がないと言うことです。

もともとが血行改善のために開発されたミノキシジルと異なり、植物エキスやペプチドを含み、天然成分を用いて生成されているキャピキシルは、初めから育毛という目的で開発されています。

そのために、予期されぬ副作用もなく、育毛剤として注目されている現在まで、目立った副作用の発症は報告されていません。

②ピディオキシジル

ミノキシジルとほぼ同じ構造で、かつ副作用は少なめという優れた成分です。

頭皮ケアのためのシャンプーなどにも使用されており、その育毛効果も実証されいます。

ただし、この成分は「ミノキシジルから副作用となる成分だけを取り除いたもの」となり、生成するのが難しく、必然的にそれを用いた薬の値段も高くなります。

なので、ややコスパが悪くなるのが、この成分のデメリットかもしれません。

また、これら以外にも、M-034(ミツイシコンブ)、センブリエキス、ラズベリーケトン、ニンジンエキスなど、「副作用が小さく(もしくはない)、育毛効果が期待できる成分」が次々と発見されています。

育毛成分にもさまざまなものがあり、かつては唯一と言っても良い成分であったミノキシジルに対して、現在では比較的ローリスクで使用できる新成分も台頭してきています。

以前よりも選択の幅は広がっていると言えますが、どの成分にも若干の個人差はあるのが現実です。

さまざまな宣伝がなされていても、結局のところ、その効果は「使ってみないとわからない」というところに落ち着くでしょう。

さまざまな成分を試してみて、自分に合った成分を探してみるのも良いでしょうし、いろいろと試してみても効果が出ないのであれば、リスクを把握したうえで、ミノキシジルを選んでみるのも一つの選択かもしれません。

関連キーワード
薄毛対策の関連記事
  • 加齢に負けない!中高年からの薄毛対策&改善方法とは?
  • 薄毛のサイン?頭皮の皮脂やかゆみが気になったらすぐに対策を!
  • 薄毛対策を始める前に!育毛剤・増毛法・植毛法を比較しよう!
  • 薄毛治療のために!育毛剤の初期脱毛を理解しておこう!
  • ストレスは薄毛のはじまり!抜け毛を防止するための改善方法とは?
  • 抜け毛が増える?季節の変わり目こそ徹底した頭皮ケアを!
おすすめの記事