薄毛対策を始める前に!育毛剤・増毛法・植毛法を比較しよう!

薄毛の対策方法は育毛剤だけではありません。

育毛剤の他に増毛法や植毛法があります。

育毛剤だけでは、効果が得られなかったという人は、是非、増毛法や植毛法もお試しいただきたいです。

ここでは、育毛剤や増毛法、植毛法などの薄毛対策方法をご紹介します。

育毛剤の種類

育毛剤はすべて同じように見えますが、3つの分類に分けられています。

分類によって配合されている成分や効果の高さ、副作用などが変わってきます。

それでは3つの分類を見ていきましょう。

・医薬品の育毛剤

薬事法で認可されている効果の高い成分が含まれているのが医薬品の育毛剤です。

予防ではなく、本格的な治療が望める育毛剤で、効果が高い分、副作用が起こる可能性も高いです。

代表的な成分には、ミノキシジルやフィナステリド、フロジンなどがあります。

フィナステリドは、医師の処方が必要な成分ですがミノキシジルやフロジンは、薬局で購入できます。

医薬品の中には、医療用医薬品と一般医薬品があります。

医師の処方が必要なのは、医療用医薬品です。

一般医薬品の中には、第1類から第3類まであり、どれも薬局で購入できます。

・医薬部外品の育毛剤

薬事法で認可された成分とその他の成分で構成されているのが、医薬部外品の育毛剤です。

効果は比較的ゆるく、副作用もあまりないので、効果を感じながらも安全に使用できます。

薬用育毛剤として販売されているものも、この「医薬部外品」に入ります。

効果はある程度ありますが、医薬部外品の育毛剤は、あくまでも予防するためのもので治療には向いていません。

・化粧品の育毛剤

化粧品に分類される育毛剤は、効果は強くありません。

医薬品よりも医薬部外品よりも効果は薄く、その代わり副作用がありません。

配合される成分は、薬事法で認可されていないものばかりなので、効能をうたうことはできません。

このように育毛剤には、3つの分類があります。

薄毛の症状によって、3つの分類の育毛剤を使い分けると、より確実な効果が得られます。

増毛法の種類

増毛は、今ある毛髪に人工毛を絡みつけることで髪を増やす薄毛対策方法です。

増毛法にも種類があります。

・編み込み式増毛法

3本の毛髪に、専用の糸を編み込んで頭全体に作った土台に、束状になった人工毛を編み込んで自然に仕上げていきます。

毛髪や頭皮にあまり負担がなく、編み込みが外れるリスクも低いので安心です。

汗や水にも強く、過ごしやすい増毛です。

しかし、毛髪が伸びるたびに編み直ししなければいけないので手間と費用がかかります。

・接着式増毛法

人工的に作られた頭皮膜に人工毛を植毛し、それを頭皮に貼ることで毛を増やす増毛法です。

自毛があまりない人でも安全に増毛ができます。

自然な仕上がりで生え際の薄毛にも十分に対応できます。

水や汗にも強く、負担なく日常生活を送れます。

ただ、人工膜を専用の接着剤で貼るので、毛穴をふさいでしまい、ムレやかぶれが発生することがあります。

・結毛式増毛法

毛髪1本に対して、3本から6本ほどの人工毛を結びつけていく増毛法です。

結びこみも安定しているのと、通気性も良いのでムレたりかぶれたりもせずに快適に過ごせます。

しかし、毛髪が伸びると結びこみをし直さなければいけなかったり、毛髪1本に体する負担が大きいので、それによって薄毛を進行させてしまうこともあります。

増毛法にも3タイプがあります。

薄毛の症状やライフスタイルに合わせて自分に合う増毛法を選びましょう。

植毛法の種類

植毛も薄毛対策として有名ですね。

リスクがある植毛法もありますが、最近は新技術がどんどん開発されてきているので、リスクや副作用も少なくなってきています。

ここでは、2種類の植毛法をご紹介します。

・自毛植毛

薄毛ではない部分の自毛を薄毛の部分に植毛することを自毛植毛と言います。

全体的に薄毛な人には向かない植毛方法で、主に男性型脱毛症の治療に用いられます。

すべての髪が生え揃うまで半年以上もかかるので、即効性を求める人には向きません。

・人工毛植毛

人工毛を薄毛の部分に植毛するのが人工毛植毛です。

全体的に髪が薄い、薄毛の範囲が広いという理由で自毛植毛が難しい場合、人工毛植毛を選択することがあります。

人工毛植毛は、すぐに髪が生え揃い即効性がありますが、一年もすると抜けてしまうという拒絶反応がデメリットです。

拒絶反応は、体に人工毛という異物が入るために免疫反応として体外に押し出そうとして起こる反応です。

植毛法は非常にリスクが高いというイメージを抱いている人も多いと思います。

しかし、どんどん技術は進化しているので、カウンセリングなどでしっかりと聞いてみることです。

このように薄毛対策にはいろんな方法があります。

自分に合った方法で薄毛対策ができるといいですね!

関連キーワード
薄毛対策の関連記事
  • 加齢に負けない!中高年からの薄毛対策&改善方法とは?
  • 薄毛のサイン?頭皮の皮脂やかゆみが気になったらすぐに対策を!
  • 薄毛対策を始める前に!育毛剤・増毛法・植毛法を比較しよう!
  • 薄毛治療のために!育毛剤の初期脱毛を理解しておこう!
  • ストレスは薄毛のはじまり!抜け毛を防止するための改善方法とは?
  • 抜け毛が増える?季節の変わり目こそ徹底した頭皮ケアを!
おすすめの記事