薄毛対策に効果ある?今日からできる薄毛改善方法

薄毛対策に効果が期待できる食べ物~良質なたんぱく質や亜鉛など

薄毛対策のためにはまずは髪が作られることが必要です。

そのためには、髪のもととなる成分を食べ物で摂取することが求められます。

髪の主成分のひとつであるメチオニンは必須アミノ酸で、これは体内では合成されない成分です。

そのため、これを含むたんぱく質を摂取する必要があります。

赤身肉や卵、大豆、乳製品などを摂取するよう心がけると改善方法としては良いです。

また同じく髪の主成分であるケラチンですが、これは亜鉛が不足すると合成がうまく行われなくなってしまいます。

それが進行すると、脱毛しやすい、弱い髪になってしまいます。

ですから薄毛対策として、亜鉛を含んだ食べ物を摂取するのも、効果を重視する上で必要なことです。

牡蠣やうなぎ、海藻類に含まれている亜鉛ですが、食材からの摂取量は少量です。

ですから改善方法として、亜鉛のサプリメントを利用するのも良いです。

そして、これらの栄養をもとに髪が作られるためには、毛母細胞が活発に分裂することが必要となります。

ですから、細胞の代謝を活発にし、その分裂を促進させるビタミンB群を摂取することも忘れてはいけません。

また毛母細胞に栄養をきちんと届くように、血管拡張作用や血流促進作用のあるビタミンEも同時に摂取するようにすると、改善方法としてはより高い効果を期待できます。

ビタミンB群は緑黄色野菜やイワシ、サバに、ビタミンEはナッツ類やゴマに豊富に含まれています。

これらの食べ物を、バランスよく、摂取し続けることで薄毛対策としての効果が期待できます。

イソフラボンとカプサイシンの同時摂取が、薄毛対策には効果的

イソフラボンとは、大豆食品に豊富に含まれている成分です。

そしてカプサイシンは、唐辛子の辛味成分として広く知られている成分です。

最近の研究では、このふたつの成分を同時に摂取することが、薄毛対策にとても高い効果を期待することができると言うことが明らかにされています。

発毛のためには、細胞にそれを訴えかける物質の存在が必要となります。

その物資は、IGF-1と呼ばれる物質なのですが、この物質が作られるためには、更にCGRPと呼ばれる物質の存在が必要です。

このふたつの成分は、共にCGRPの生成に作用をもたらす、あるいは刺激によってその生成を促す作用があるとされています。

そのため、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで、IGF-1の生成が行われやすくなり、毛母細胞への発毛促進効果も期待できると言うわけです。

またこれ以外にも、イソフラボンは女性ホルモンと似た構造をしているため、特にその分泌量低下に伴う女性の薄毛対策にはとても有効な成分ですし、カプサイシンには血流を促進させる作用があります。

ですから、血行不良を原因とする薄毛改善には有効な成分と言えます。

ただし改善方法として、カプサイシンは刺激の強い成分ですから、過剰に摂取することは危険です。

胃腸への刺激を避けるため、摂取しやすいようにカプセルなどにされたサプリメントを使用するのが望ましいです。

関連キーワード
薄毛対策の関連記事
  • 加齢に負けない!中高年からの薄毛対策&改善方法とは?
  • 薄毛のサイン?頭皮の皮脂やかゆみが気になったらすぐに対策を!
  • 薄毛対策を始める前に!育毛剤・増毛法・植毛法を比較しよう!
  • 薄毛治療のために!育毛剤の初期脱毛を理解しておこう!
  • ストレスは薄毛のはじまり!抜け毛を防止するための改善方法とは?
  • 抜け毛が増える?季節の変わり目こそ徹底した頭皮ケアを!
おすすめの記事