育毛剤に医薬部外品と化粧品があるけど効果の違いはナニ?

頭の薄毛が気になりだし、薬局に行って育毛剤を探していた時のこと。

いくつかある育毛剤を一つ一つ見ていくと、ちょっとした違いに気づく・・・。

そう、育毛剤にも「医薬部外品」と書いてあるものと「化粧品」と書いてあるものがあるのです。そして、同じ育毛剤でも、どちらに指定されているかでその成分は大きくことなります。

男性ですと、こういった違いを気にせず「どれでも同じだろ」と適当なものを選んでしまう人もいるかもしれませんが、そんなことをしてはいけません。

ここでは、一見似たように見える、両者の違いとそれぞれの適切な用途について説明します。

医薬品の分類~表記の微妙な違いに注意が必要~

医薬部外品と化粧品、この二つの用語は法律上のものとなります(これ以外にも医薬品というものがありますが、ここではこの二つのみ、説明します)。

日本で市販される薬品や化粧品は、薬機法(何年か前は薬事法)によって大きく分けて三つに分類され、そのうちの二つが「医薬部外品」と「化粧品」となります。

まず、「医薬部外品」とは、薬の中でも、その効果や効能が完全には認可されていないもののことを言います。

育毛剤の場合で言えば、育毛の効果があるという確認はとれていても、その効果は完全に保証されているとは承認されていません(承認は厚生労働省が行い、完全に認可されている薬品のことを「医薬品」と呼びます)。

一般的な育毛剤の多くはこの医薬部外品に分類されるため、その成分や効果などに注意が必要です。

特に気を付けなくてはいけないのは、「育毛」と「発毛」の違いです。

医薬部外品の育毛剤の場合は、すでに生えている髪の毛を育てる「育毛」の効果しかない場合や、脱毛の予防に重点を置いている場合が多く、生えていない髪の毛を頭皮に生やす「発毛」までの効果を期待するには、医薬品に指定されている薬品を使用して、発毛促進を行う必要があります。

また、これらの薬によく用いられるのが「有効成分」と「有用成分」という用語です。

前者の成分が「一定の効果が認められている成分」に対して、後者は「一定の効果が期待できる成分」にすぎないので、注意が必要です。

こう言った微妙な表現が、広告表現などで誇張されてしまうと、発毛ができないのに発毛促進される成分があると錯覚したりと言った誤解が生じてしまいます。

次に化粧品ですが、言葉の通り、大抵のスキンケア用品やメイク用品など、こういった肌の手入れに使用するような薬品は、この化粧品に分類されます。

女性用のメイク用品の多くは化粧品に分類されます。

育毛剤で言えば、頭皮に直接塗布する頭皮ローションなど、一部の商品が化粧品となります。

化粧品は、2001年の法律の規制緩和によって、成分の使用に際して厚生労働省の許認可が不要とされ、各企業の判断で開発が可能となりました(もちろん、含有できない成分が規定されてはいます)ので、その分注意が必要です。

目的は「髪を伸ばす」ための医薬部外品、「髪をケアする」ための化粧品素人

目には同じに見えるかもしれませんが、同じ「育毛」目的の薬でも、それが医薬部外品なのか化粧品なのかによって、中身がだいぶ異なっていることは理解していただけたかと思います。

もちろん、これはどちらを選ぶ方がよりよい、という単純なものではありません。

どちらにも成分に応じた特徴というものがあるので、自分の症状に応じて、より効果がある方を選んでいく必要があります。

まず、使用する目的が、「髪の毛をはやす」、「髪の毛を伸ばしたい」などになるのであれば、医薬部外品に指定された育毛剤を使用する方が良いでしょう。

医薬部外品とは言え、一部の育毛剤には発毛効果まで期待できるものもありますので、毛母細胞や毛乳頭、男性ホルモンの分泌に働きかけてくれる育毛剤を用いて、髪の毛を生やしていきます。

しかしながら、その目的ですでに生えている髪の毛のケアや頭皮のフケをなくすなど、頭皮環境の改善にあるのであれば、化粧品を用いる方が賢明と言えます。

化粧品の場合は、どちらかと言えば毛髪のケアに重点をおいて作られているものが多いので、すでに生えている髪の毛にハリやツヤを与えることができます。

男性であれ女性であれ、生えた髪の毛を長く美しく伸ばしたい、と思う方はいるでしょうから、化粧品を用いたケアは非常に重要です。

育毛用の化粧品として、代表的なものに「M-1ミスト」があります。

株式会社サラヴィオが開発した男女兼用のこの化粧品は、独自の成分を用いたミストを頭皮に直接塗布する育毛を促進します。

化粧品ではありますが、男女兼用で、簡単に使えるため、非常に汎用度の高い化粧品だと言えます。

重要なのは内容成分が自分の症状にあっているか

以上、似ているように見える医薬部外品と化粧品の違いについてと、両者の用途やその使い分けについて紹介しました。

どちらの薬品にも、それぞれに多様なバリエーションがありますので、使用されている配合成分をよく見て、自分の症状やニーズに合った選択をするようにしましょう。

もし必要なら皮膚科や育毛クリニックの診断やカウンセリングを受け、アドバイスをもらうのも良いでしょう。

関連キーワード
薄毛対策の関連記事
  • 加齢に負けない!中高年からの薄毛対策&改善方法とは?
  • 薄毛のサイン?頭皮の皮脂やかゆみが気になったらすぐに対策を!
  • 薄毛対策を始める前に!育毛剤・増毛法・植毛法を比較しよう!
  • 薄毛治療のために!育毛剤の初期脱毛を理解しておこう!
  • ストレスは薄毛のはじまり!抜け毛を防止するための改善方法とは?
  • 抜け毛が増える?季節の変わり目こそ徹底した頭皮ケアを!
おすすめの記事