薄毛対策に失敗しない育毛剤を選ぶ方法は?育毛成分の効果

一口に「育毛剤」と言っても、その種類は実にさまざまです。

自分の薄毛が気になりだし、どうにかして髪の毛を生やしたい、と思い立ってみても、薬局で右往左往してしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか。

自分の薄毛の原因と進行状況をしっかりと把握し、自分に合った育毛剤を選べるようになりましょう。

育毛剤いろいろ~お馴染みの成分から有用成分まで~

育毛剤には、さまざまな種類、成分があります。

以前からよく使われる成分として、ミノキシジルがあります。

カークランド5%やアクタビス5%などにこれが使われていますが、この成分には副作用の心配もあるので注意が必要です。

最近では、キャピキシルという新成分が注目を集めています。

これを使用している育毛剤として、Deeper3D、ポリピュアEXなどがあります。

企業独自の特許成分を使用した育毛剤もあります。

具体的には、リアルラゾンなどがそうです。
また、女性用の育毛剤などによくあるのが、頭皮への影響を考慮した、無添加の育毛剤です。

チャップアップ、プランテル、WAKAなどがそうです。

女性用と男性用とで、成分が微妙に異なるのも、育毛剤の特徴と言えるでしょう。

このように、選択にかなり幅がある育毛剤ですが、中には、購入の際に注意が必要なものもあります。

まず、アルコール成分(エタノールなど)が使用されている成分です。

アルコールは毛母細胞を破壊してしまうため、こういった育毛剤は選ばない方が賢明です。

実際、「ノンアル」を売りにしている育毛剤もいくつか存在します。
また、成分に医薬部外品や有用成分を用いている育毛剤の購入にも、注意が必要です。

医薬品と違い、これらの成分は効果が保証されているわけではありません。

その効果にはある程度個人差があるので、そのことを念頭に置く必要があります。

また、育毛剤の宣伝文句には、「頭頂部に効く」など、頭頂部の育毛に特化した育毛剤であるかのように謳われているものがあります。

これは、日本人男性の薄毛には頭頂部ハゲが多く、こう宣伝した方が商品の検索可能性が上がるために行われているものです(実際、大抵の育毛剤は頭の部位に関係なく効果を発揮します)ので、期待しすぎるのは禁物です。

薄毛の原因、症状に合った育毛剤を

なぜ、育毛剤にはこれほどの種類があるのでしょうか。

それは、薄毛(脱毛や抜け毛)の原因にもさまざまなものがあるからです。

原因がさまざまにあるために、育毛剤にもさまざまな種類があるわけです。

自分の原因に応じて、それに合った育毛剤を選択する必要があります。

①男性ホルモンが原因の場合

薄毛の原因が、テストステロンという男性ホルモンの一種にある場合があります。

髭や体毛の成長を促進するこのホルモンですが、頭皮に作用する場合、別のホルモン(ジヒドロテストステロン)に変化し、頭皮の毛母細胞を委縮させてしまいます。

このホルモンが過剰に分泌されたり、あるいはホルモン受容体によって過剰に受容されたりしてしまうと、結果として脱毛が促進されてしまいます。

この場合、有効とされるのがプロペシアです。

唯一の男性型脱毛治療薬として知られるこの薬は、上記のホルモン変換を阻害し、脱毛を抑制してくれます。

②不適切なヘアケア

不適切なヘアケアによって、抜け毛が増えてしまう場合もあります。

例えば、髪の毛をよく洗わない。洗ったとしても、シャンプーをきちんとすすがないと、頭皮が傷み、抜け毛が増えてしまいます。

一般的なシャンプーには、界面活性剤というものが使われており、それが頭皮に残ったままだと、頭皮が荒れてしまうのです。

また、生まれつき頭皮の脂(皮脂)が多い人や、敏感肌の人もいます。

そういう人も、きちんと髪を洗わないでいると、皮脂が毛穴を塞いでしまい、発毛が阻害されてしまいます。

かといって過度な洗髪も考えものです。

洗髪をしすぎると、頭皮に必要な分の皮脂が一緒に流されてしまい、頭皮環境の悪化にもつながるためです。

このような場合、抜け毛の主な原因は「頭皮の荒れ」となりますので、育毛剤を選ぶ際も、そういった点に注意する必要があります。

アルコール成分の入った育毛剤を使わないのは当然として、無添加のものなど、できるだけ頭皮に優しい成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

また、育毛シャンプーを使用するのも良いかもしれません。

育毛シャンプーは、市販されているシャンプーと違い、頭皮に優しい、天然成分を含んでいるものが多いです。

いずれにしても、頭皮のケアをしっかりと行い、髪の毛が生えやすい環境を整えてあげることが肝要です。

③ストレス

ストレスが原因で脱毛が進むこともあります。

過度にストレスがたまると、代謝が低下し、血行が悪くなります。

それが原因で、発毛が阻害されてしまうのです。

日本人によくある脱毛、いわゆる「円形脱毛症」の一番の原因はストレスだと言うくらいですから、ストレスは育毛にとって大敵です。

このような原因の場合、育毛剤を使う以前に、ストレスを解消するための精神面でのケアも必要です。

また、育毛トニックを使うなど、血行を促進させる効果がある育毛剤の使用するのも良いでしょう。
以上、育毛剤の種類と、症状に応じた選び方について紹介しました。

男性にとって、脱毛は恥ずかしいことですし、失敗はしたくないものです。

慣れないうちは、返金保証付きのものを購入するのも一つの選択です。

最初の内は、口コミサイトや企業の宣伝などを誤って解釈してしまうこともあるからです。

選択を誤ったとしてもめげることなく、粘り強く自分に合った育毛剤を探していきましょう。

関連キーワード
育毛剤比較の関連記事
  • 生え際の薄毛は育毛剤を比較し効果的なものを選ぶのが改善への近道!
  • 男女兼用育毛剤と女性用育毛剤の成分比較とおすすめ育毛剤
  • 何が違うの?発毛剤と育毛剤の効果を比較してみる
  • どっちがいい?リアップとサクセスの効果の違いを比較!
  • 必見!医薬部外品の育毛剤は効果があるのに副作用が少ない?
  • 副作用は大丈夫?キャピキシルとミノキシジルの育毛剤を比較
おすすめの記事