敏感肌への育毛剤は無添加が良いって聞くけどそこまで重要?

薄くなった毛髪をなんとかしたいが、敏感肌のために添加物の入った育毛剤を使うのは怖い。

最悪、副作用でかえって髪が抜けてしまうことだってあるかもしれない・・・。

普通の男性にとっては害にならない成分でも、敏感肌の男性にとってはそうではないという場合もあるでしょう。

今回は、そんな敏感肌の男性のために、育毛剤に含まれるさまざまな種類の添加物やその副作用、さらに無添加育毛剤を使用することのメリットについて紹介します。

アルコールは敏感肌の大敵!

育毛剤の中には、さまざまな添加物が含まれている種類があります。

もちろん、これらの添加物は成分として必要だから配合されているわけで、頭皮への安全性などは考慮されているものです。

ですが、敏感肌のような特殊なケースの場合、この添加物が仇となり、予期せぬ副作用を引き起こす場合があります。

以下、代表的なものをいくつか紹介します。

①プロピレリングリコール

ミノキシジル、という代表的な育毛成分がありますが、プロピレリングリコールは、この成分を配合する際に使用される成分です。

アルコール成分の一種であるこの成分も、通常の方であれば頭皮環境に影響を与えないのですが、敏感肌の場合には注意が必要です。

②アルコール成分

プロピレリングリコールに限らず、アルコール成分が入っている育毛剤は、敏感肌の人にとっては危険です。

成分表を見た時に、○○エタノール、○○アルコール、などと表記されている育毛剤の購入は控える方が賢明でしょう。

アルコールの何がそんなに敏感肌に悪いかと言うと、アルコールは皮脂を取りすぎてしまうからです。

頭皮に皮脂が多すぎるような方の場合は、こういった成分が必要となるかもしれませんが、敏感肌の方や頭皮に炎症を起こしているような方の場合、これが仇となります。

強すぎる洗浄成分が皮脂をとりすぎてしまい、かえって頭皮環境が悪化してしまい、最悪、薄毛や抜け毛を進行させてしまうのです。

また、頭皮には髪の毛をはやすために必要な毛母細胞というものがあるわけですが、アルコールはこの細胞を壊してしまう可能性があります。

もちろん、通常の男性の荒れていない頭皮であれば、育毛剤に入っているレベルのアルコールでそのようなことが起こる可能性は低いのですが、敏感肌の場合はこの成分が致命的な打撃を頭皮に与えるかもしれません。

③防腐剤

育毛剤の中に、防腐剤が入っている場合もあります。

これも、通常であれば特に懸念すべきことではないのですが、アルコールと同様に、敏感肌の人の場合は、頭皮の荒れを引き起こす可能性があります。

このように、敏感肌の方の場合、その特殊な頭皮環境のために、育毛剤を選ぶ際には、入っている成分に特に気を配る必要があるのです。

女性用の育毛剤を買うのも一つの選択

このように、添加物が敏感肌に引き起こすリスクは、非常に甚大です。

特にアルコールを使用しているものは絶対に使わない方がよい、ということは理解していただけたかと思います。

ですので、敏感肌の方が育毛剤を選ぶ際には、絶対に「ノンアル」のものを選ぶ必要があります。

育毛剤の中には、この「ノンアル」を売りにしているものもいくつかあります。

これは上述のように、敏感肌への影響を懸念してのものでもありますし、それでなくてもアルコールを頭皮にかけることに対して抵抗感や嫌悪感を覚える人もいるためです。

育毛剤を製造する企業の方も、ノンアルで育毛剤を作る場合には、宣伝の段階でほぼ必ずそれを「売り」にしてきます。

あまり宣伝文句に踊らされるのも考え物ですが、ノンアルと書いてある育毛剤があれば、まずはそれを優先して使用するようにしましょう。

無添加の育毛剤も敏感肌にはおすすめ

また、多少コストがかかったとしても、敏感肌の方が育毛に取り掛かる場合には、無添加の育毛剤を使用することがおすすめです。

無添加育毛剤とは、要するに上述したような添加物を一切用いず、天然由来成分(例えば植物系天然成分)を配合して、頭皮ケアを行う商品を言います。

天然成分を使用しているので安全性も確かですし、頭皮への刺激も少なくて済みます。

無添加育毛剤は、女性用の育毛剤によく見られます。

女性の方が皮膚が敏感であり、また、皮脂が少なく頭皮が乾燥しやすいために、平均して頭皮が繊細で敏感なのがその理由となります。

育毛剤を選ぶ際には、医師の診断を受けることが理想的ですが、敏感肌があまりにも強い場合には、このような女性用の育毛剤を試してみるのも、一つの手かもしれません。

迷ったときは返金保証付きの育毛剤

以上、敏感肌の男性が育毛剤を選ぶ際に、添加物を用いた物を購入することの危険性とその理由、さらに、無添加育毛剤を選択することのメリットについて紹介しました。

最後に覚えておきたいのは、育毛剤の中には「全額返金保証」のサービスを行っているものがある、ということです。

育毛剤を選ぶことになれないうちは、この保証がついているものを選ぶようにして、支出を抑えることも大切です。

あきらめずに、自分に合う育毛剤が見つかるまで粘り強くチャレンジし続けてください。

きっと、あなたの頭皮に合う育毛剤が見つかるはずです。

関連キーワード
育毛剤比較の関連記事
  • 生え際の薄毛は育毛剤を比較し効果的なものを選ぶのが改善への近道!
  • 男女兼用育毛剤と女性用育毛剤の成分比較とおすすめ育毛剤
  • 何が違うの?発毛剤と育毛剤の効果を比較してみる
  • どっちがいい?リアップとサクセスの効果の違いを比較!
  • 必見!医薬部外品の育毛剤は効果があるのに副作用が少ない?
  • 副作用は大丈夫?キャピキシルとミノキシジルの育毛剤を比較
おすすめの記事