必見!医薬部外品の育毛剤は効果があるのに副作用が少ない?

育毛剤には3つの分類に分けられ、「化粧品」「医薬品」「医薬部外品」の育毛剤があります。

それぞれに扱いや含まれている成分、危険性、効果の高さなどが違います。

育毛剤は医薬部外品がおすすめだという話をよく聞きますが、本当なのでしょうか?

ここでは、育毛剤の3分類について詳しくお話しします。

3種類の育毛剤のそれぞれの効果について

まずは、育毛剤の3分類の特徴をご紹介します。

今まで分類を意識せずに購入していた人は、是非この機会に注目してみてくださいね。

・医薬品

最も効果が高いと判断された育毛剤は「医薬品」に分類されます。

「医薬品」ということは、薬扱いされているということです。

これは、薬事法に基づいて分類されています。

効果が高い分、個人差はありますが副作用もあります。

医薬品の育毛剤の中には、「医療用医薬品」「第一類・第二類・第三類医薬品」があります。

「医療用医薬品」は医師の処方がなければ購入はできません。

「第一類・第二類・第三類医薬品」は薬局でも購入できます。

・医薬部外品

「医薬品」よりは効果が低く、それだけ副作用の心配も少ないのが「医薬部外品」に分類される育毛剤です。

よく「薬用」と書いてある育毛剤がありますが、その場合は「医薬部外品」に属しています。

薬事法において認可されている成分が含まれている場合は、自信を持って効果をうたってもいいことになっています。

つまり、うたわれている効果にはちゃんと裏付けがあるということですね。

ほとんどの育毛剤は「医薬部外品」に属しています。

・化粧品

効果は穏やかですが副作用がもっとも少ないのが「化粧品」に分類する育毛剤です。

薬事法で認可されている成分は配合されていないので、効果は確実とは言えません。

育毛トニックもこの分類に属することが多いです。

このように、3分類には薬事法が関係しています。

薬事法で認可された成分が多く含まれているほど、効果が高いのですが、それだけ副作用も多くなります。

医薬品と医薬部外品の育毛剤にはメリットとデメリットがある

「化粧品」に分類する育毛剤には、効果は期待できないと思った方がよいでしょう。

となると、残るのは「医薬品」と「医薬部外品」の育毛剤ですね。

ここでは「医薬品」と「医薬部外品」の育毛剤のメリットとデメリットをご紹介します。

・医薬品育毛剤のメリット・デメリット

《メリット》

臨床試験により、薄毛対策効果を正確に判断した上で販売されているので、症状に合っていれば、十分に効果が得られます。

《デメリット》

即効性や効果が高い分、副作用が起こりやすいので危険です。

・医薬部外品育毛剤のメリット・デメリット

《メリット》

医薬品よりは効果は落ちるけれども、効果がありながらも副作用が少ないから安心して使えます。

医師の処方もいらないので購入に手間がかかりません。

《デメリット》

即効性や効果はそこまで高くないので、物足りなさを感じることがあります。

こうしてみてみると、やはり「医薬品」に分類される育毛剤は、リスクが高い上に購入も少し困難です。

それに比べて「医薬部外品」は、医薬品よりは効果がゆるやかですが、安全なので使用しやすいです。

そうした理由から、やはり育毛剤は「医薬部外品」がおすすめです。

医薬部外品で注意したいこと

「医薬部外品」の育毛剤は、基本的に副作用は少ないです。

しかし、使用方法を守らなければ副作用が起こることもあります。

また、個人的な問題でアレルギーが起こることもありますので、副作用がないとは言い切れません。

「医薬部外品」であっても使用方法や使用量を間違えば、副作用が起こるので注意しましょう。

いかがでしたか?

育毛剤選びをするときは分類にも着目して、なるべく「医薬部外品」の育毛剤を選びましょう。

関連キーワード
育毛剤比較の関連記事
  • 生え際の薄毛は育毛剤を比較し効果的なものを選ぶのが改善への近道!
  • 男女兼用育毛剤と女性用育毛剤の成分比較とおすすめ育毛剤
  • 何が違うの?発毛剤と育毛剤の効果を比較してみる
  • どっちがいい?リアップとサクセスの効果の違いを比較!
  • 必見!医薬部外品の育毛剤は効果があるのに副作用が少ない?
  • 副作用は大丈夫?キャピキシルとミノキシジルの育毛剤を比較
おすすめの記事