どっちがいい?リアップとサクセスの効果の違いを比較!

リアップとサクセスは、育毛剤の中でも有名ですね。

男性用の育毛剤として、よく知られるリアップとサクセスですが、実は効果に違いがあります。

ここでは、リアップとサクセスの違いについてお話しします。

リアップとサクセスの大きな違いとは?

リアップとサクセスには、大きな違いがあります。

それは、医薬品と医薬部外品という分類の違いです。

サクセスは医薬部外品で、発毛剤でも育毛剤でもなく育毛トニックです。

リアップは医薬品なので、本格的な発毛剤になります。

それぞれの効果の特徴をまとめてみました。

・リアップの効果

医薬品のリアップには、ミノキシジルという成分が配合されています。

ミノキシジルは、もともと血管の拡張剤として使われていました。

それだけに効果が高く、副作用もあります。

効果としては、血行を促進して髪や頭皮に栄養が行き届きやすいようにした上で、ミノキシジル以外の成分とともに毛包へ働きかけて育毛へと導いてくれます。

血行を促進して毛包を刺激すると、休止期にある髪の毛が蘇るのです。

・サクセスの効果

医薬部外品であるサクセスは、育毛トニックなので、ドライヤーをする前に頭皮に塗ります。

サクセスの主要成分は、t-フラバノンとニコチン酸アミドです。

t-フラバノンは、毛母細胞を刺激して働きを活性化します。

さらにニコチン酸アミドは、血行を促進してくれます。

他に配合されているユーカリエキスや黄杞エキス 、トウガラシエキスの力も加わり、コシがなくなった髪を太く強くして育毛へと導いてくれます。

 

このようにリアップとサクセスの効果は、ほぼ同じように思えますが成分が違うため効果の高さが違うのです。

だからこそ、医薬品と医薬部外品とで分類が違うのですね。

リアップとサクセスの効果や副作用の違いは?

医薬品と医薬部外品の違いがわからなければ、リアップとサクセスの違いもイマイチわからないと思います。

医薬品は、治療を目的としたもので厚生労働省に認可された商品です。

つまり、薬剤師や薬局の登録販売員に処方してもらわなくてはいけない商品です。

医薬品の中にもまだ種類があります。

医師の処方が必要なものは医療用医薬品、薬局での販売が許されているものが一般用医薬品です。

そして、一般用医薬品には第1類、第2類、第3類と種類があります。

リアップは、第1類医薬品なので、薬剤師の処方が必要な育毛剤です。

第1類医薬品は、一般医薬品の中で一番効果が高く、副作用の確率が高い商品なので慎重に購入しなければいけません。

次に、医薬部外品に分類されるサクセスは、治療ではなく予防を目的とした育毛トニックです。

医薬品と同じように、配合されている成分は全て厚生労働省が認可しているものですが、治療するのではなく予防するための成分として認可を受けています。

つまり、それだけ副作用は少ないということになります。

医薬品のリアップと医薬部外品のサクセスはどっちがいい?

育毛剤を選ぶとき、医薬品か医薬部外品かで迷うこともあるでしょう。

そんなときは、治療が目的なのか?予防が目的なのか?をはっきりするべきです。

薄毛の状態がかなり重い場合は、やはり治療が目的ですよね。

けれども、抜け毛が多くなったくらいの薄毛対策ならば、予防が目的で良いです。

リアップとサクセスで例えるならば、薄毛の状態がかなりひどいので発毛を心がけたい人は、医薬品のリアップ、抜け毛が増えているので薄毛予防したい人は、医薬部外品のサクセスを選ぶのが良いです。

このように、医薬品と医薬部外品では、効果の目的も高さも配合されている成分や副作用も全然違ってきます。

育毛剤を選ぶときには、成分や効果を確かめるのも大事ですが、必ず分類もチェックするようにしましょう。

コストではサクセスが魅力的

リアップは、効果の高い医薬品を使用し発毛効果もあることから、価格もそれなりに高いのがデメリットです。

一方、サクセスには発毛効果を期待することは出来ませんが、毎日使える価格なのが魅力的です。

商 品 価 格
リアップ X5 7,612円
サクセス薬用育毛トニックボリュームケア 1,193円

それぞれ最上位グレードで比較した場合、約6倍近く価格に開きがあります。

リアップシリーズには、他にもミノキシジル1%配合の「リアップ」、サクセスには「薬用育毛トニック」があります。

ミノキシジル配合はリアップだけではない

これまで、国内ではリアップだけが唯一ミノキシジルを使用した発毛剤として発売されていました。

ですが、今回スカルプDを販売しているアンファーより、ミノキシジル5%を配合した発毛剤「メディカルミノキ5」が登場しました。

こちらもリアップと同じく、男性の壮年性脱毛症に効果のある発毛剤で、第一類医薬品なので問診票は必要となります。

今回、ミノキシジル5%配合発毛剤が登場したことで、選択肢が増え価格競争で価格が下がるのを期待したいです。

 

関連キーワード
育毛剤比較の関連記事
  • 生え際の薄毛は育毛剤を比較し効果的なものを選ぶのが改善への近道!
  • 男女兼用育毛剤と女性用育毛剤の成分比較とおすすめ育毛剤
  • 何が違うの?発毛剤と育毛剤の効果を比較してみる
  • どっちがいい?リアップとサクセスの効果の違いを比較!
  • 必見!医薬部外品の育毛剤は効果があるのに副作用が少ない?
  • 副作用は大丈夫?キャピキシルとミノキシジルの育毛剤を比較
おすすめの記事