おすすめの育毛剤はココを比較すれば成功率アップ!?

 

育毛剤を使用したいが、どれを選べばいいのかわからない・・・。

初めて育毛に挑戦する際に、このような悩みを持つ人は多いでしょう。

どの育毛剤を選べばよいのか?

それは、その人の薄毛のタイプにもよるので一概には言えません。

しかし、症状や原因によって、その人にとっと最も効果的な育毛剤というのは確かに存在します。

さまざまある育毛剤のそれぞれの特性を理解し、自分の症状に合った育毛剤を選べるようになりましょう!

生え際・頭頂部の薄毛が気になる方

男性ホルモンの影響を抑える育毛剤
人間の髪の毛は一定の周期で生えてから抜けるまでの過程を繰り返しています。

このことを毛周期(ヘアサイクル)と言います。

周期は大きく分けて3つに分けられます。

つまり、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、毛髪が成長する成長期(髪全体の8割)、毛母細胞の分裂が減少し、髪の毛の成長がとまる退行期(髪全体の約1%)、毛母細胞の活動が停止し髪の毛の活動が完全に止まる休止期です。

一般的に、退行期は2・3週間、休止期は3・4カ月で、それ以外の大抵の時期を成長期として成長を続けるのが人間の毛髪です。

健康な人の場合、一日に抜け落ちる髪の毛の本数は、多くても100本ほどになります。

抜け毛が増え、髪の毛がハゲてくるということは、ホルモンバランスや生活習慣の乱れ、もしくは頭皮環境の悪化などの原因によって、この周期に狂いが生じている、ということです。

頭皮が硬く血行が気になる方

生活習慣の乱れによる頭皮の血行不良を抑える育毛剤
原因が生活習慣の乱れによる頭皮の血行不良だとしたら、その血行を促進する必要があります。

こうした効果をもつ成分として最も有名なものに、ミノキシジルというものがありますから、このような場合は、ミノキシジルを配合した育毛剤が有効でしょう。

ですが、ミノキシジルを育毛剤に配合する場合、アルコール成分を使用しています。

アルコールは敏感肌の人にとっては頭皮を荒らす可能性があるので、このような人は使用を控えた方が良いでしょう。

このように、敏感肌の人の場合、アルコールに限らず、育毛剤に含まれる成分には注意する必要があります。

このような人が大変なのは、一般的な人にとっては害とはならない成分が、害になる可能性があると言うことです。

最近注目成分として、キャピキシルが人気です。
ミノキシジルと類似成分であり、その効果は約3倍以上と言われています。
その上、安全性も高いので副作用が気になる、敏感肌の方には使いやすい育毛剤です。

髪の毛が細い方

毛母細胞の活性化、栄養補給をしてくれる育毛剤
頭髪は、毛根の根元にある毛乳頭が毛細血管を介して、髪の毛を作るのに必要な成分アミノ酸などを取り込みます。

そして毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、髪の毛は成長していきます。

毛根に栄養が行き届かない・栄養が足りない、毛母細胞に元気がないと、元気な髪の毛が育ちません。

おすすめ育毛剤

薬用ポリピュアEX


ポリピュアEX育毛剤

■特徴

  • 育毛サイクルにこだわった酵母エキス「バイオポリリン酸」を独自配合
  • 売り上げ累計400万本突破、絶大支持の育毛剤
  • ナノサイズ成分で角質層までしっかり浸透
  • 97.7%の医師が使い続けたい
  • 93.1%の意志が評価
  • 医学と薬学に掲載
  • モンドセレクション金賞7年連続受賞

■成分

  • バイオポリリン酸
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ニンジン抽出液配合
  • チョウジエキス
  • パントテニルエチルエーテル
  • 低分子コラーゲン
  • ヒオウギ抽出液

■価格(定期購入)

6,800円

■返金保証

45日間

>薬用ポリピュアの詳細はこちら<

 

ザスカルプ5.0c

ザスカルプ5.0c

■特徴

  • ミノキシジル構造類似成分「キャピキシル配合」を配合
  • モンドセレクション金賞4年連続受賞
  • 毛穴にしっかりナノサイズ浸透
  • 血行に大切なめぐりを高めるマイナスイオン水を使用
  • 成長因子に働きかける発酵熟成プラセンタを配合

■成分

  • キャピキシル5%
  • オクタペプチド-2
  • オリゴペプチド-41
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸2K
  • アロエベラ葉エキス
  • 47種類の成分配合

■価格(定期購入)

10,000円(継続割引あり)

■返金保証

60日間

>ザスカルプ5.0cの詳細はこちら<

 

薬用プランテルEX(エクストラ)

■特徴

  • ミノキシジルと比較し、5αリアクターゼ阻害率約3倍のリデンシル配合
  • 育毛サイクルを整える特許出願成分ペブプロミンαを配合
  • モンドセレクション銀賞受賞
  • スカルプケアサロン×毛髪診断士×製薬会社と共同開発

■成分

  • 高濃度リデンシル5.0%
  • ペブプロミンα
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩)
  • 植物由来成分23種類
  • アミノ酸16種類

■価格

9,700円

■返金保証

30日間

>薬用プランテルEXの詳細はこちら<

フィンジア

フィンジア育毛剤

■特徴

  • ミノキシジル構造類似成分「キャピキシル配合」
  • カプサイシン成分効果で柔軟化、浸透力をアップ
  • 科学研究専門誌で医学的知見による実験結果(エビデンスデータ)も掲載

■成分

  • キャピキシルを5.0%配合
  • ピディオキシジルを2.0%配合
  • カプサイシンを配合
  • 成長成分10種類を配合

>フィンジア育毛剤の詳細はこちら<

自分に合った育毛剤を

育毛剤を選ぶ際には、自分の薄毛の原因や頭皮環境に合ったものを選ぶ必要があります。

そもそも、人間の髪の毛は一定の周期で生えてから抜けるまでの過程を繰り返しています。

このことを毛周期(ヘアサイクル)と言います。

周期は大きく分けて3つに分けられます。

つまり、毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、毛髪が成長する成長期(髪全体の8割)、毛母細胞の分裂が減少し、髪の毛の成長がとまる退行期(髪全体の約1%)、毛母細胞の活動が停止し髪の毛の活動が完全に止まる休止期です。

一般的に、退行期は2・3週間、休止期は3・4カ月で、それ以外の大抵の時期を成長期として成長を続けるのが人間の毛髪です。

健康な人の場合、一日に抜け落ちる髪の毛の本数は、多くても100本ほどになります。

抜け毛が増え、髪の毛がハゲてくるということは、ホルモンバランスや生活習慣の乱れ、もしくは頭皮環境の悪化などの原因によって、この周期に狂いが生じている、ということです。

原因がどこにあるのか本人の症状にもよるので、それに合った育毛剤を選ぶ必要があります。

例えば、原因が生活習慣の乱れによる頭皮の血行不良だとしたら、その血行を促進する必要があります。

こうした効果をもつ成分として最も有名なものに、ミノキシジルというものがありますから、このような場合は、ミノキシジルを配合した育毛剤が有効でしょう。

ですが、ミノキシジルを育毛剤に配合する場合、アルコール成分を使用しています。

アルコールは敏感肌の人にとっては頭皮を荒らす可能性があるので、このような人は使用を控えた方が良いでしょう。

このように、敏感肌の人の場合、アルコールに限らず、育毛剤に含まれる成分には注意する必要があります。

このような人が大変なのは、一般的な人にとっては害とはならない成分が、害になる可能性があると言うことです。

女性には肌が敏感な人が多いため、女性用の育毛剤には、このような成分が含まれていません。

無添加で、天然成分を用いて作られているのが、このタイプの方のための育毛剤の特徴です。

また、既存の育毛剤では効果が表れなかった人の場合、新しい成分を用いた、新しい育毛剤を使う必要もあるかもしれません。

しかしながら、これらには効果があるのかどうか不明瞭な部分があるので、以下の知識を覚えておくと良いでしょう。

まず、育毛剤には、医薬品と医薬部外品というものがあるということです。

医薬品が、その効果を厚生労働省によって認定されているのに対して、医薬部外品では、効果が「期待できる」という程度にとどまります。

完全に認可されてはいませんが、薬を作った企業による種々の臨床検査や調査などによって、効果が表れたという結果が得られた、という程度のものとなります。

育毛剤には必ず、その薬が医薬品なのか医薬部外品なのかが記載してあるので、購入の際には必ずどちらなのかの確認を行うことをおすすめします。

次に、有効成分と有用成分という言葉も覚えておくと良いでしょう。

有効成分には確実な効果が期待できますが、有用成分の場合は、効果があるということを企業が独自に喧伝しているだけで、公式にその効果が認定されているわけではないという場合があります。

類似品にも注意!見た目は似てても中身は違う・・・

また、育毛剤には類似した商品が多いのも事実です。

これらは、素人目には育毛剤と大した差は無いように感じるかもしれませんが、その効果や含まれている成分が微妙に異なります。

まずは、発毛剤です。

発毛剤と育毛剤は似ているように見せますが。

効果が決定的に異なっています。

前者が、まだ生えていない髪の毛が生えるのを促進するのに対して、後者はすでに生えている髪の毛の成長を促します。

ニュアンスが微妙に異なるので、症状によってどちらを選ぶのか気を付ける必要があります。

次に、育毛シャンプーです。

育毛、という言葉が含まれているので、あたかもこれを使って髪の毛を洗えば育毛が促進されるかのように聞こえますが、実は違います。

育毛シャンプーというのは頭皮環境を清潔にするためのものですから、育毛剤のように髪の毛を育てるような成分は含まれていません。

よく、「育毛シャンプーを使えば髪の毛が生える・育つ」と思っている人がいますが、厳密に言うとそれは違うということを理解する必要があります。

さらに、養毛剤という薬もあり、これも育毛剤とは微妙に異なります。

養毛剤とは、すでに生えている毛のケアをするためのもので、生えている髪に栄養を与え、ハリやツヤ、コシを与えるためのものです。

女性のように、髪の毛を長く伸ばす人にとっては必要なものでもありますが、これも育毛剤とは効果が微妙に違うので、購入の際には気を付ける必要があります。
以上、育毛剤の特徴と、その選び方について紹介しました。

原因には個人によってさまざまなものがありますから、できるだけ自分に合ったものを選ぶことが育毛成功の肝になります。

選択に自信が持てないときは、専門家に相談すると良いでしょう。

治療院によっては無料でカウンセリングを行ってくれる場所もあるので、育毛剤を買いに行く前に、まずは自分の症状をきちんと見定めるところから、初めて見てはどうでしょうか。

関連キーワード
育毛剤比較の関連記事
  • 生え際の薄毛は育毛剤を比較し効果的なものを選ぶのが改善への近道!
  • 男女兼用育毛剤と女性用育毛剤の成分比較とおすすめ育毛剤
  • 何が違うの?発毛剤と育毛剤の効果を比較してみる
  • どっちがいい?リアップとサクセスの効果の違いを比較!
  • 必見!医薬部外品の育毛剤は効果があるのに副作用が少ない?
  • 副作用は大丈夫?キャピキシルとミノキシジルの育毛剤を比較
おすすめの記事